2019年04月18日

太陽絵本の読み聞かせ太陽

IMG_0841.JPG
皆様こんにちは晴れ
4月15日(月)、らくじ苑学園前ではボランティアの先生に来苑して頂き
絵本の読み聞かせをして頂きましたぴかぴか(新しい)
開始前からチラチラと見える数冊の絵本に、利用者様も期待で胸を膨らませている様子ですわーい(嬉しい顔)

IMG_E0880.JPG

IMG_E0879.JPG
まず、『つくし』という作品から始まりましたハートたち(複数ハート)
野原に咲くつくしを含めた植物達の物語は、皆様を温かい春の陽気に誘います晴れ
つくしはどのように一生を過ごすのか、つくしとスギナの関係は……
つくしを見たら、このお話を思い出そうと仰る利用者様もいらっしゃいましたわーい(嬉しい顔)

IMG_E0855.JPG
次は『ちゅうちゅうたこかいな』という作品。
「ちゅうちゅうたこかい……」からの展開をリズミカルに楽しく読んで
下さいましたるんるん
利用者様にも大笑いして頂きました手(チョキ)

IMG_0875.JPG
さてさてお次は、『もぐらのムックリ』ですぴかぴか(新しい)
「春になったら起こしてね」と、森の動物にお願いされたもぐらのムックリのお話。
思わずこちらまで眠くなってしまう、ほんわかした物語でしたかわいい

IMG_E0842.JPG
4つ目の絵本は『おおきな木』!
緑の表紙に描かれた赤いリンゴと男の子が利用者様の目を引きます目
それは成長する男の子の欲しい物を与え続ける木の物語でした。
男の子がお金を欲しがれば木はりんごの実を全て与え、
船を欲しがれば木は自分の幹を与えますひらめき
自分や相手にとっての幸せについて考えさせられる、
大変深いお話でしたぴかぴか(新しい)

IMG_E0871.JPG

IMG_E0867.JPG
さて、絵本の読み聞かせが終わると、次は詩の朗読をして頂きましたわーい(嬉しい顔)
まどみちおさんという方が書いた『さくらのはなさん』という詩ですひらめき
先生の朗読に合わせ、利用者様も心を込めて読み上げておりましたハートたち(複数ハート)

IMG_E0864.JPG

IMG_E0859.JPG
最後にはリズムに合わせた布体操もして頂きましたわーい(嬉しい顔)
布を伸ばしたり握ったりと、皆様楽しく指の運動をされておりましたるんるん

本日はありがとうございましたexclamation
次回の作品も利用者様、職員一同楽しみにしております晴れ
posted by rakuji-gakuenmae at 07:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: